畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

 

 

こんなトラブル、ありませんか?

 

 

 

生理が重くて畳に血が…!

 

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

 

 

生理が重いと、経血が

 

ナプキンから漏れてしまうことがあります。

 

 

畳に座っていた場合、

 

知らず知らずのうちに畳を血で汚してしまうことも。

 

 

血のシミは時間が経つと取りにくくなりますよね。

 

 

今回は、畳に血を付けてしまった時の掃除方法をご紹介します。

 

 

 

畳についた経血の落とし方

 

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

 

 

畳を経血で汚してしまった直後なら、

 

水さえあれば血のシミも落とせるでしょう。

 

 

ですが、汚し方によっては

 

それだけでは掃除しきれませんよね。

 

 

比較的すぐに対処できる状況なら、

 

以下の方法を試してみてください。

 

 

 

用意するもの

 

 

酸素系漂白剤またはオキシドール

 

歯ブラシ

 

 

タオル

 

1 酸素系漂白剤(またはオキシドール)を水で薄め、歯ブラシにつける

 

2 歯ブラシを畳の目に沿わせてこすり、畳の血のシミを浮かせる

 

3 浮いた血シミをタオルで拭き取る

 

 

1〜3を何度か繰り返します。

 

 

以上の方法で、畳についた血はある程度は落とすことができます。

 

 

 

畳の血痕にアルカリ洗剤?

 

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

 

 

ここでひとつ注意なのが、アルカリ洗剤の存在です。

 

 

実はアルカリウォッシュなどのアルカリ洗剤は、

 

畳との相性が悪いのです。

 

 

血液をよく落としてくれる一方、

 

アルカリは天然素材のものを傷めてしまいます。

 

 

い草でできている畳も、アルカリで黄色く変色してしまいます。

 

 

アルカリ洗剤を使ってもいいのは、

 

「畳が傷んでもいいから、とにかく血痕を落としたい」という方だけですよ。

 

 

 

血がついた畳は諦めて、新しい畳を買うのも手。

 

畳についた血のシミの落とし方。生理で経血が畳についてしまった場合

 

 

畳に血がついたのをすぐに気づければ良いですが、

 

かなり時間が経ってから血シミに気がつくこともあるでしょう。

 

 

その場合も酸素系漂白剤を使って掃除するのがベストですが、

 

時間が経ちすぎている場合、落としきれない血シミも出てくるはずです。

 

 

その場合は血シミの上に家具を移動させて

 

隠蔽工作を図るのも良いですが、位置によっては難しいですよね。

 

 

いざとなったら畳を裏返して、そのまま使えば済みます。

 

 

畳には裏表がないからです。

 

 

そうはいっても、畳自体が古いとダニなども気になりますよね。

 

 

私は、経血で汚してしまった畳自体が

 

年季が入っていたこともあって、

 

畳の買い替えに踏み切りました。