更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

カラダだけでなく心にも影響を与える更年期障害。

 

あなたは大丈夫?

 

 

 

更年期って何?

 

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

40代に入ると更年期の症状が出始めます。

 

歳を重ねるうち排卵しなくなり

 

生理不順が出始め、最終的には閉経します。

 

 

 

「更年期」そのものは

 

「生殖期」と「老年期」の中間の時期のことです。

 

 

 

問題なのは、その更年期を過ごしているあいだに

 

さまざまな症状がでてくることです。

 

 

そのことを更年期障害といいます。

 

 

 

更年期とは、閉経する歳の前後5年

 

(トータルおよそ10年)の時期です。

 

 

 

それまでは規則正しかった生理周期が乱れたり

 

生理がある月とない月があったりなど、

 

さまざまな変化が出てくる時期です。

 

 

突然の出血に慌てないように

 

常にナプキンを持ち歩きましょう。

 

 

 

更年期はいつくるの?

 

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

45〜55歳のあいだに閉経になる方が大多数ですので

 

閉経の平均年齢は50歳です。

 

 

 

40代なかばも過ぎれば、閉経に向けて

 

生理に変化が出てくるのは自然なことですね。

 

 

 

更年期障害の症状は?

 

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

女性ホルモンの分泌が少なくなることで

 

ホルモンバランスが乱れます。

 

 

 

そのためさまざまな症状が出ますが

 

たとえば以下のような症状が現れます。

 

 

 

体温調節ができなくなる

 

何もしていなくても、いきなり

 

ほてったりのぼせたり汗をかいたりします。

 

 

精神面が不安定になる
なぜかイライラしたり、不安にかられたりします。

 

 

 

生理日以外の出血にご注意

 

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

40代になると生理不順がみられてきますが

 

あきらかに生理日でないのに

 

出血することもあります(不正出血)。

 

 

 

不正出血は6割もの女性が経験しています。

 

 

不正出血には機能性出血と器質性出血があります。

 

 

機能性出血は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こります。

 

器質性出血は、子宮筋腫や子宮がんなどが原因で起こります。

 

 

 

自分の不正出血がどちらかを自己判断するのは非常に危険です。

 

いずれにせよ、そのままにしておくと

 

症状がさらに悪くなることもあります。

 

 

 

6割もの女性が体験している不正出血。

 

 

婦人科検診に行きましょう。

 

 

 

更年期に入った40代。生理痛がひどくなったわけは?

 

更年期障害?40代の生理痛。30代後半から始める大人の生理痛対策法!

 

 

更年期に入るとエストロゲンが減ります。

 

 

エストロゲンは自律神経に影響を与えるホルモンです。

 

 

自律神経が乱れると生理痛が悪化します。