生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

生理痛に悩んでいる女性や

 

エコ志向な女性なら、一度は気になる布ナプキン。

 

 

使い捨てナプキンには害がある

 

と聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

 

 

今回は使い捨てナプキンと布ナプキンの違い、

 

生理痛にあたえる影響について考えていきます。

 

 

そもそも使い捨てナプキンはどんなもの?

生理のある女性たちから

 

圧倒的な支持を受けている使い捨てナプキン。

 

 

現代女性なら使ったことがない方はいないほどでしょう。

 

 

でも、毎月お世話になっている使い捨てナプキンの材料に詳しい方は少ないはず。

 

 

あらためてよく知るために、

 

使い捨てナプキンの構造を簡単にまとめました。

 

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

表面材(デリケートゾーンに直接当たる部分)
不織布と開孔フィルムからできています。

 

不織布…極細繊維を組み合わせたもの。すばやく経血を吸収します。

 

開孔フィルム…薄手のフィルムに穴を開け、メッシュ状にしたシート。

 

 

 

吸収体
高吸収ポリマー、綿状パルプ、吸収紙からできています。

 

経血を吸収しゼリー状にして固めてくれます。

 

 

 

防漏材
フィルムと不織布からできています。

 

経血もれ防止を狙って使われています。

 

 

 

ずれ止め材
ホットメルト粘着剤が使われています。

 

ナプキンがショーツからずれなくなります。

 

 

以上が使い捨てナプキンの構造・材料でした。

 

 

布ナプキンの材料は?

使い捨てナプキンに比べて、

 

布ナプキンの材料はもっとシンプルだと予想がつきます。

 

 

私がおすすめする布ナプキンの場合ですが、

 

ショーツに当たる面に透湿防水布が使われている以外は

 

オーガニックコットン100%です。

 

 

秀湿防水布は、経血などの水分は漏らさないのに通気性に優れています。

 

 

だから蒸れることなく、ナプキンをつけていることすら忘れそうになります。

 

 

ただの防水布を使っている布ナプキンよりも、

 

秀湿防水布使用の布ナプキンの方が蒸れに強いんですね。

 

 

そしてスナップボタンがついているので、ショーツからずれる心配もないです。

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

ちなみにこちらは「nunonaの布ナプキン」のお話です。

 

 

メーカーによって布ナプキンの材料は異なるので、

 

麻の布ナプキンなどもあります。

 

 

市販の布ナプキンにもいろいろあるので、

 

自分で納得できるものを探しましょう。

 

 

おすすめしているnunonaについては、追って詳しくご説明しますね。

 

 

 

使い捨てナプキンか布ナプキン、結局どっちがいいの?

材料や構造を知っても、使い捨てナプキンと布ナプキンの

 

どちらがいいのか判断できませんよね。

 

 

そこで使い捨てナプキンと布ナプキンのメリット・デメリットをまとめました。

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

使い捨てナプキンのメリット
1 安い

 

2 外出先でもゴミ箱があれば捨てられる

 

3 経血が漏れる心配が少ない

 

4 どこでも買えて、種類も豊富

 

 

 

使い捨てナプキンのデメリット
1 体を冷やす

 

2 かぶれることがある

 

3 ゴミが出る

 

4 動く時にガサガサと音がしてしまうときがある

 

5 経血が吸収剤に染み込む際に、不快なにおいが発生する

 

 

布ナプキンのメリット
1 ゴミが出ない

 

2 かぶれにくい

 

3 生理痛が軽くなったと感じる女性が多い

 

4 温かい

 

5 不快なにおいがしない

 

6 きちんと手入れすれば数年使えるので経済的

 

 

 

布ナプキンのデメリット
1 洗うのが手間

 

2 雑菌が繁殖するので、しっかりと乾かさないといけない

 

3 外出先では気軽に使えない

 

 

調べた限り、布ナプキンの方がメリットが多く、デメリットが少なかったです。

 

 

 

とはいえ忙しい方にとっては、

 

使い捨てナプキンの方がよほど使いやすいと思います。

 

 

経血が染み込んだ布ナプキンを手洗いすることに抵抗がある人もいるでしょう。

 

 

そして、害があるとの説もありますが、

 

使い捨てナプキンは決して「悪いもの」ではありません。

 

 

きっと、使い捨てナプキンがこの世から無くなることもないでしょう。

 

 

布ナプキンをおすすめしたい女性は、生理痛がひどい方、極度の冷え性の方、お肌が弱い方、スローライフを実現したい方、節約志向の方などです。

 

 

すこしでも興味があったら、一度はためしてみてもいいかと思います。

 

 

のちほど詳しく書きますが、nunonaの布ナプキンなら返金・返品保証つきですよ。

 

 

 

布ナプキンを取り替える頻度は?

布ナプキンを使ったことがない方なら、

 

いろいろと心配な面がありますよね。

 

 

取り替える頻度ですが、布ナプキンは使い捨てナプキンと同様に、こまめに取り替えましょう。

 

 

およそ2時間を目安にしてください。

 

 

使用後の布ナプキンは早め早めに洗濯するのがベストです。

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

 

布ナプキンは手作りもできますが…

私は布ナプキンを手縫いで作った経験がありますが、

 

不器用なので仕上がりはいまひとつでした。

 

 

経血モレが心配で、分厚い生地を使ったのが良くなかったようです。

 

 

つけたときにショーツがモコモコとしてしまったり、動くたびにずれてしまいました。

 

 

それに生地が分厚いぶん、しっかり乾くのにも時間がかかります。

 

 

だけど、使い捨てナプキンよりは

 

肌触りが心地よかったのも確か…。

 

 

そんな経験もあり、

 

やはりきちんとしたメーカーさんの布ナプキンの方を使ってみたい、

 

という結論に私はたどり着きました。

 

 

いまはコンビニでも布ナプキンが手に入る時代です。

 

 

いろんなメーカーさんが布ナプキンを作っていますが、どうせ買うなら納得できるものを選びたいと思いました。

 

 

 

そしていろいろ調べたところ、

 

とても優れた布ナプキンを見つけました。

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

それが先ほど触れたnunonaの布ナプキンでした。

 

 

 

布ナプキン初心者でも安心・納得!全額返金保証付きも!

布ナプキンデビューはnunonaでするのがおすすめな理由です。

 

 

すでにチラッと触れましたが、nunonaは返品・返金に対応しているからです。

 

 

これには注意が必要で、返品返金保証がついているのは「おためし3日間セット」に限ります。

 

 

そして商品発送日から30日以内と、

 

期間が限られているので気をつけてくださいね。

 

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

 

おためしできる枚数は、3枚以内です。

 

 

4枚以上の布ナプキンを開封してしまった場合は、

 

返品不可なので注意してください。

 

 

「おためし3日間セット」を利用する時は、

 

使う直前に1枚ずつ開封するのが確実ですね。

 

 

ピンク色のかわいい袋に入っていますよ。

 

 

 

大抵の場合は布ナプキンでの肌トラブルは起こらないので、

 

返品したいと思うことはあまりないでしょう。

 

 

でも実際に使ってみて、

 

お肌がかぶれたりなどのトラブルがあった場合は、

 

メールか電話で返品についての案内をしてもらいます。

 

 

返品するのは未使用の布ナプキンで、使用済みの布ナプキンは返品する必要がありません。

 

 

使用済みのものは捨てるもよし、また使ってもよし。

 

 

そして返品時の送料は負担なしです。

 

 

これはうれしいですね。

 

 

返品が確認されたら、全額が返金されます。

 

 

 

「おためし3日間セット」について、しいてデメリットをあげるとすれば、生理不順の方だと判断しきれない可能性があることです。

 

 

nunonaが発送されてから30日以内に生理が来なかった場合は、

 

実際的に「おためし」することができませんからね…。

 

 

ですが軽い尿もれや、

 

おりもの対策のために

 

布ナプキンを使う女性もいらっしゃいます。

 

 

なので生理が来なくても、とりあえず使ってみるのも一つの手ですね。

 

 

生理痛女性には布ナプキン!nunonaの布ナプキンが優秀です

 

 

 

結局、布ナプキンで生理痛は和らぐの?

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

肝心の生理痛についても忘れてはいません。

 

 

私は小学生の時に初潮があり、

 

記憶によると中学生頃から生理痛が重くなりはじめました。

 

 

生理痛で体育の授業を見学したり、

 

生理痛のあまりに彼氏とケンカしたり(それがきっかけで別れた!)、

 

社会人になってからは生理日の出社は地獄のようでした。

 

 

 

姉が布ナプキンを買って使っていたのは見ていましたが、

 

自分で使ってみようとはすぐに思えませんでした。

 

 

使用済みの布ナプキンをバケツに浸け置き洗いしているのを見て、

 

不快感が先にきてしまったからです。

 

 

(皆さんは、くれぐれも蓋付きバケツを使ってください笑)

 

 

 

ですが体調を崩して仕事を休んでいる時に、

 

時間ができたのでふと布ナプキンを手縫いすることを思いついたのでした。

 

 

体調を崩すと、とにかく健康に対する意識が高まりますからね。

 

 

それで先ほども書いたように、手縫いには限界を感じたので、メーカーさんの布ナプキンを探すことになりました。

 

 

使い捨てナプキンも併用していますが、

 

布ナプキンと出会ってから生理痛がなくなってきています。

 

 

 

生理痛がなくなってきたのは、

 

布ナプキンのおかげだけではないとは思います。

 

 

ですが、生理痛を良くしようという意識一つで、

 

行動が変わってきたのが良かったのでしょう。

 

 

布ナプキンを使うか、

 

使い捨てナプキンを使うか選ぶのも行動の一つです。

 

 

あなたの重い生理痛も、

 

ひとつひとつの行動で和らいでいきますように(^^)

 

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

生理痛女性には布ナプキン!nunonaの布ナプキンが優秀です

 

 

 

布ナプキンの使い方、持ち帰り方、洗い方

 

生理痛を和らげたいなら布ナプキン!布ナプキンのデメリットも知ろう

 

 

nunonaの布ナプキンが入っている袋の裏には

 

「布ナプキンの使い方」

 

「布ナプキンの持ち帰り方」

 

「布ナプキンの洗い方」が書かれています。

 

 

それをこちらに転記しますので参考にしてみてくださいね。

 

 

布ナプキンの使い方

 

1) 使用前に必ず予洗いをしてください。

 

洗濯機または手洗いで2〜3回を目安に洗濯してください。

 

洗濯後は、中までしっかり乾くように十分に乾かしてください。

 

 

(※月子メモ:予洗いをしないと経血を弾いてしまうからですね。

 

これはオーガニックコットンの天然由来の油分が残っているからです。

 

予洗いをすると油分が落ち、吸水性が高くなります。)

 

 

 

2) 手洗いをして乾かした布ナプキンを下着に乗せます。

 

下着をくるむように巻きつけたら、

 

羽ありナプキンをとめるようにボタンをとめてください。

 

 

 

3) 布ナプキンはムレにくいですが、

 

2〜3時間に1回を目安に布ナプキンを交換してください。

 

 

 

 

 

布ナプキンの持ち帰り方

1) 布ナプキンを交換したら、チャックがついた袋に入れて持ち帰ります。

 

防臭効果のしてあるチャック袋があると便利です。

 

 

 

2) 汚れが乾かないように、使用済み布ナプキンに

 

軽く水や洗剤水をかけておくと、

 

お洗濯のときに汚れが落ちやすくなります。

 

 

 

布ナプキンの洗い方

1) チャック袋から布ナプキンを取り出し、

 

布ナプキンから汚れを押し出すようにもみ洗いをします。

 

洗うときは40度以下のぬるま湯で洗います。

 

40度以上のお湯は、汚れが固まって落ちにくくなる原因となります。

 

 

 

2) もみ洗いを終えた布ナプキンは洗剤水に浸け置きします。

 

浸け置き水は普段のお洗濯より少し濃いめにすると

 

汚れが落ちやすくなります。

 

洗剤には皮脂汚れに強いアルカリウォッシュがあると便利です。

 

 

 

3) 3時間〜半日浸けた後、汚れ落ちを確認し、

 

汚れが落ちていればすすいでから乾かします。

 

まだ汚れが気になる場合は、洗濯機で洗ってから乾かしてください。

 

 

 

4) 乾かす方法は、天日干しでも乾燥機でも問題ありませんが、

 

できるだけ日光消毒をするため、日光にあてて乾かしてください。

 

 

 

※洗うときのポイント※
布ナプキンを洗うときに、長時間浸け置きをすると

 

雑菌が発生しやすくなります。

 

長時間浸ける場合は、定期的に水を入れ替えてください。