生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

生理中はお風呂に入らないように、

 

と親から言われて育った女性も少なくないと思います。

 

 

その理由としては、湯船を経血で汚してしまう可能性があるから、

 

そして陰部に雑菌が入ってしまうから、といったところでしょう。

 

 

確かに生理2日めなど経血量が多い日は、

 

脱衣所のマットなどを経血で汚してしまいがちです。

 

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

 

ですが肝心の湯船の中では、水圧により経血が外に出ることはまずありません。

 

 

脱衣所で失態を侵さないように自分なりに気を遣うことで、

 

この1つめの問題は解決できます。

 

 

2つめの問題ですが、陰部に雑菌が入る可能性は確かにあります。

 

 

誰かが入ったあとの湯船には雑菌があるので、

 

免疫力の下がっている生理中にはおすすめできません。

 

 

家族に遠慮して一番最後に入る方もいるかもしれませんが、

 

できれば一番風呂に入りましょう。

 

 

もちろん生理中は、大勢の人が使う公衆浴場は控えるのが無難です。

 

 

生理痛を和らげる入浴方法

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

 

生理痛が重くなる原因の一つに体の冷えや血行不良があげられます。

 

 

骨盤内の血流を良くするためにも生理中の入浴は非常におすすめです。

 

 

また生理中は清潔を保つことも大切です。

 

 

そして経血の臭いが気になる場合も、

 

入浴が最も手っ取り早い解決策です。

 

 

生理中の入浴ポイント 温度設定

普段は熱めのお湯が好きな方でも、生理中はぬるめに温度設定しましょう。

 

 

38度から40度の間が、生理中に理想的なお湯加減です。

 

 

熱すぎないぬるめの湯船に入ると

 

副交感神経が優位になり、リラックスできます。

 

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

 

副交感神経と書きましたが、

 

そもそも自律神経と女性ホルモンには密接な関係があります。

 

 

自律神経と女性ホルモンは、

 

同じ脳下垂体でコントロールされています。

 

 

なのでどちらか一方のバランスが乱れると、

 

もう一方も影響を受けてしまうのです。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスを整えることで

 

生理痛が改善されていくケースもあります。

 

 

ですので生理中だけでなく、普段から入浴する習慣をつけましょう。

 

 

 

繰り返しますが、熱い湯船に入ると

 

交感神経が優位になり、リラックスにはつながりません。

 

 

生理痛を和らげるにはリラックスすることが大切ですので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

最低でも10分ぬるま湯に入浴することで、

 

生理痛が和らぐのを感じるでしょう。

 

 

体調によっては10分の入浴でさえ疲れたり気分が悪くなることもあるので、

 

その場合は決して無理をせず、すぐにお風呂から上がりましょう。

 

 

生理痛で辛い女性におすすめな入浴剤

入浴タイムは美容タイム、という女性も少なくありません。

 

 

そんな女性にとっては特に、入浴剤選びは楽しいものですよね。

 

 

生理中の入浴でも、入浴剤の使用はもちろん問題ありません。

 

 

むしろリラックス効果が高まるので、ぜひ使いたいものです。

 

 

生理痛を和らげるためには、リラックス重視の入浴剤を選びたいもの。

 

 

人によっては「リラックス用にはこれ」という入浴剤があるかもしれませんね。

 

 

一方でなかなか気に入るものが見つからず、

 

ドラッグストアに並んでいる入浴剤は

 

一通り試したという女性もいることでしょう。

 

 

そんな時、なかなか店頭では見かけないけれど

 

おすすめな入浴剤があります。

 

 

「メディテーションバスα」という入浴剤です。

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

生理中の入浴にもOK!メディテーションバスαの公式サイトはこちら

 

 

生理痛がする日は、この入浴剤を♪

メディテーションバスαの特長は、そのアロマによるリラックス作用にあります。

 

 

ローズウッド、ラベンダー、ローズマリー、カモミールなどのアロマが入っています。

 

 

香りが良いのでリラックス作用があるのはもちろん、

 

それぞれ生理痛を和らげるお手伝いもしてくれます。

 

 

ローズウッド…甘い香りでリラックス効果があり、抗菌作用もあります。
スキンケアにも使えるアロマです。

 

ラベンダー鎮痛作用があるので生理痛も和らげてくれます。

 

ローズマリー体の末端を温める作用があります。

 

カモミールイライラした心を落ち着かせ、安眠に導きます。

 

 

これらのアロマティックハーブがブレンドされています。

 

 

どれか一つの香りが際立っているのではなく、奥行きのある香りです。

 

 

一言で言えばハーブ系の香りですね。

 

 

かなりしっかりと香るので、アロマが好きな方に喜ばれています。

 

 

湯船も乳白色になるので、視覚からもリラックスできるのがポイントです。

 

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

 

 

生理痛を悪化させるアロマもある!?

ちなみにアロマならなんでも生理痛を和らげてくれるというわけではないのでご注意ください。

 

 

実は、かえって生理トラブルを悪化させるものもあります。

 

 

クラリセージ、シナモンリーフ、フェンネル、クローブ、ミルラ、マージョラムなどがその例です。

 

 

 

一部のアロマが生理中に良くない理由の一つは、そのアロマに通経作用(排出効果)があるためです。

 

 

通経作用の影響を受けると、

 

経血量が増えて貧血を起こす可能性があります。

 

 

つまり通経作用は子宮の中のものを掻き出すということです。

 

 

したがって妊娠中の場合はもっと大変な事態になりかねません。

 

 

アロマに精通していない限り、

 

生理中・妊娠中のアロマ選びは間違えることも起こりえます。

 

 

 

実はメディテーションバスαにも使われているローズマリーにも通経作用があります。

 

 

そう聞いて不安になる方は使用を避けても良いでしょう。

 

 

ですがローズマリーの、体の末端を温める作用を

 

重視するのも間違いではありません。

 

 

そもそも他の「生理中はNGなアロマ」も、生理痛などのトラブルを軽くしてくれる面があります。

 

 

例えばクラリセージですが、

 

生理痛を和らげてくれる作用があるのも確かなのです。

 

 

アロマとの相性にも個人差があるので、

 

実際に使ってみないとわからない部分も多いはずです。

 

 

メディテーションバスαも、様子を見ながら使うのもいいかもしれませんね。

 

 

300mlで1,800円とややお値段が張るので、

 

生理痛の辛い時だけに使うと決めて使うのも一案です。

 

 

ぬるま湯とアロマの香りによるリラックス効果で、生理痛が和らぐことでしょう。

 

 

生理中(生理痛)のお風呂・入浴はダメ?湯船で生理痛を和らげる方法

 

 

生理中の入浴にもOK!メディテーションバスαの公式サイトはこちら